海外人気媚薬ランキング

海外製の強めの媚薬ランキング、人気度NO.1の女性用媚薬を紹介します。

サイトの文章検索
HOME»催情»食品の進化論:腹の足しにもでき、催情にもでき

食品の進化論:腹の足しにもでき、催情にもでき

情愛と飲食は美食文化の暗線です。古代から今まで、人々は食品と性欲の間の必然的な連絡があると深く信じて、食品は腹の足しにもでき、催情にもできます。古羅馬の時期の人は、最も催情のが男子の汗だと思って、そこで古代格闘場のチャンピオンから流した汗が黄金よりも値打ちある;中国の古代で、ニクジュウヨウ、イカリソウ、ネナシカズラ、セイウチ……これらはすべて催情聖物中での普通の元素です。たとえ今のところまでも食卓の上で、人々がいくつかの食品を食べてもすべて納得して笑うシンボルがあって、たとえばバレンタインデーの夕食の上は生カキ、また狭い酒屋で食べったニラなんか。――ニラは別名“起陽の草”と呼ばれます。

西方の伝統の中で、アップルは奇妙な果実で、後代人は楽園の“禁果” に演繹して、意味合いに富んだ果物になって、“誘惑の考え”に派生されます。実は、《聖書》の陳述によって、禁果は元来イチジクで、初期のギリシアの文《聖書》での“malum”は“邪悪”と“果実”の意味を兼ね備えます。

その他にもう1種の果物は更に情愛の意味合いがあって、それはトマトです。コロンブスは最初トマトを新大陸からヨーロッパに持ち帰って、あの時それは“poma amori”(よ愛欲果実)と呼ばれた。トマトは明るい赤色の汁、酸甘い口当りを持っていて、更に禁果条件にもっと満ちます。

18世紀まで着いて、ユダヤ子孫のポルトガル人はトマトを北米に持ってきて、彼の宣伝スローガンは:誰が十分な愛欲果実を食べたら、不滅になることができます。昔時の人々は“長生き”の追求について似ているのです。18世紀中葉に至って、イタリアは料理の中で広範にトマトケチャップを運用することを始めるので、やっとトマトの悪名に洗ってできます。

本文出所のウェブサイトは海外人気媚薬ランキング、本文の原始のURLは http://www.xt-hh.com/39.html

Copyright © 2016-2017 海外人気媚薬ランキング, All Rights Reserved.