海外人気媚薬ランキング

海外製の強めの媚薬ランキング、人気度NO.1の女性用媚薬を紹介します。

サイトの文章検索
HOME»媚薬ランキング情報»女性はいつ服用媚薬に適しないですか?

女性はいつ服用媚薬に適しないですか?

媚薬は売薬で、一般の媚薬ランキングが販売。一般の人が判断するのは難しい副作用やタブー事項、経口媚薬の最もおいしい六ヶ月後少なくとも1ヶ月停止。

1、せっかちで、慢性肝炎と腎炎の女性は服用しないで服用しないで。体内に入るため媚薬も肝臓で代謝を経て、腎臓の排泄を患って、もし急、慢性肝炎や腎炎の女性の使用、肝臓と腎臓の負担が増える。

2、心臓病または心機能不良の人は使用できない。媚薬のエストロゲンが体内の水、ナトリウムなどの物質に滯在、心臓の負担が重く。

3、高血圧の女性は使用しないで使用しないではありません。少数の女性が薬を投薬してから血圧が上がる。

4、糖尿病と糖尿病と糖尿病家族史者は使用しないで使用しない。服用後ため媚薬、血糖を劣性軽度の上昇、糖尿病が優性、だから糖尿病の女性に悪影響を与える。

ご、甲状腺機能亢進症の女性は、愈しの前に、使わないほうがいい媚薬。

ろく、乳房の良性腫瘍、子宮筋腫と各種の悪性腫瘍の患者に対して使用しません、腫瘍に悪影響を与える。

ななしち、過去や今、血管血栓症性疾患(例えば、脳血栓症や心筋梗塞、血管炎など)者は使用できません。媚薬の中の女性ホルモンが増えるかもしれない血液の凝固性を強めることができて、心臓血管の疾病の病気。

はち、慢性的な頭痛特に偏頭痛や血管性頭痛の女性は使用しません、さもなくば病状を強め。

9、過去の月経過少者、必要ない。長期使用媚薬を子宮内膜が萎縮状態、もっと減る月経量。

じゅう、媚薬を乳の分泌減少していて、乳の品質低下、さらに母乳に入り、哺乳児への影響から、授乳期の女性の使用しません。

本文出所のウェブサイトは海外人気媚薬ランキング、本文の原始のURLは http://www.xt-hh.com/196.html

Copyright © 2016-2017 海外人気媚薬ランキング, All Rights Reserved.